栄徳 優毅YUKI EITOKU

丸善インテックアリーナ大阪 係員/2015年1月1日入社

私のミッションは、
体育館の魅力アップ。

お客様の声を聞いて、備品の更新・利用方法のご提案など中央体育館のさらなる魅力アップに努めています。また、スタッフの声を聞いて、業務効率の向上・仕事環境の整備などを行い、体育館業務のさらなる魅力アップに努めることも心がけています。

スポーツ施設の利用者の方へ、
「喜び」や「感動」をお届けしたい

-入社したきっかけは?

小学生の頃からずっとスポーツをしており、スポーツをすることで「喜び」や「感動」を味わってきました。この喜びや感動を得るためには、「スポーツをする場所」がなければなりません。スポーツに関わる仕事に就きたかったからという思いもありますが、それ以上に、スポーツ施設で、利用者の方へ常に「喜び」や「感動」をお届けしたいと思い、入社をいたしました。

体育館の仕事は受付だけではありません

-あなたの仕事はなんですか?

体育館の仕事は受付だけではありません。ただ、管理するだけではなく、私はプラスアルファのサービスを提供することを常に思いながら業務に取り組んでいます。体育館の管理という目線から利用者の方が「また利用したい」と思ってもらえる仕掛けを考えるのも仕事の一つです。また、競技団体様やイベント会社の方と打合せを行い、国際大会やコンサートイベント、運動会や講習会など幅広い利用に一歩踏み込んだご提案をこちらから行うのも大事な仕事です。

「栄徳さんに相談すれば、
もっと楽しい大会になる!」

-仕事でやりがいを感じる瞬間は?

お客様の生の声を聞いて“今”必要なことを考え、体育館を楽しく利用してくださった時が仕事をしていてやりがいを感じます。

「栄徳さんに相談すれば、もっと楽しい大会になる!」と頼って貰えると、大変な仕事でも楽しく取り組めます。

「大会は大成功しました。
来年もぜひ宜しくお願いいたします。」

-印象に残っているエピソードは?

ある大会主催者様とお打ち合わせをした時のことです。初めて聞く専門用語や複雑な図面が多く、これまで培ってきた経験が生かし切れない瞬間がありました。しかし、そういった状況でも、決して尻込みせず、お客様との打合せを何度も繰り返しました。念入りに私が納得するまで、打合せを行い当日、開会式がスタートしました。そして、大会が無事に終わり、最後に事務所へ立ち寄ってくださったとき、お客様が笑顔で「中央体育館の職員みなさん、ありがとうございました。大会は大成功しました。来年もぜひ宜しくお願いいたします。」と言ってくださったときは、本当に嬉しく思いました。

ある日の一日

8:30

スケジュールチェック

日々変わる利用内容。朝一番に1日の流れを確認します。

スケジュールチェック

8:40

利用者対応

本日、メインアリーナを利用されるお客様の窓口対応。事前に打ち合わせをしていた備品を渡し、アリーナにご案内!

利用者対応

10:00

ミーティング

月に一度の課内会議。利用者にとって、より良い体育館を目指して、日々職員一同で様々な案を出し合っています。

ミーティング

11:45

お昼休憩

今日は、体育館内にあるレストランでお昼休憩。何たべようかな。ハンバーグかオムライスでいつも迷います。

お昼休憩

12:30

アリーナメンテナンス

アリーナの床をチェックするのも大事な業務。傷がないか、隙間がないか、ごみは落ちていないか。利用者の方が安心して使用できるようメンテナンスは欠かせません。

アリーナメンテナンス

17:00

退社

今日も多くの方に利用してもらって、気持ちの良い一日でした。今日は、これからトレーニングジムに行って来ます。

退社

先輩の職場

丸善インテックアリーナ大阪

丸善インテックアリーナ大阪

八幡屋公園の緑豊かな丘陵の地下にある、世界的にも珍しい半地下方式の多目的空間です。プロ・アマのスポーツの他多彩なイベントに対応できる舞台、大型映像、音響、照明設備を保有。フローリングの床としては国内最大級の広さを誇るメインアリーナ(直径110m)とサブアリーナ、柔道場、剣道場、トレーニング室、バリアフリー設備も設置しています。

〒552-0005 大阪市港区田中3-1-40

TEL:06-6576-0800 FAX:06-6576-0080

丸善インテックアリーナ大阪
ホームページ

他の先輩を知る