一般財団法人 大阪スポーツみどり財団

お知らせ

2021.01.01

  • スポみど

新年のごあいさつ

謹んで新年のお慶びを申しあげます。

 

2020年は新型コロナウイルスの影響で、私達はさまざまな変化を求められた年となりました。「新しい生活様式」として、日常生活の基本的な生活様式はもとより、働き方についても、私達がこれまで「あたりまえだ」としていたことが「あたりまえではない」ということに多くの気づきがありました。そして、経済活動においては「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の延期をはじめ、さまざまな企業活動やイベントなどに自粛が求められたことから、新型コロナウイルスの影響は計り知れないものとなっていますが、まだまだ完全な収束が見えない中、当財団も例外ではありません。

 

一方、そのようなコロナ禍において、公園で過ごす人が増え「公園のすばらしさ」や「公園がもたらす心身の健康」など、公園のありかたが見直されるとともに、公園の新しい役割への期待が高まっております。その期待に応えながら、当財団の強みであるスポーツとみどりを通じた様々な取組みを活かしながら、これまで以上に健康をキーワードに事業展開し、「スポーツとみどりですべての人を笑顔に」の実現を目指して、誰もが活躍できる社会の実現にも寄与してまいりたいと考えています。

 

さて、本年から長居公園、八幡屋公園、大枝公園の当財団が管理する3施設の新たな指定管理期間が始まります。それぞれの施設で培った知識や経験を活用しながら、そして、より一層社会のニーズを取り入れた新たな取組みへと繋げ、皆さまに愛される魅力ある公園づくりに全力で取り組んでまいる所存です。

 

これからも当財団は、スポーツの普及振興とみどりの普及啓発を通して、魅力あふれる大阪のまちづくりの実現に向け、職員一同邁進してまいります。本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

 

 

令和3年1月1日

 

一般財団法人 大阪スポーツみどり財団

理事長 奥野 隆司

一覧に戻る